(お役立ちメニュー)神奈川の美容外科を利用してレーシック

術前に目薬のような麻酔を施しますので、痛みはほとんどなく、レーシック手術は安心して受けることが出来ます。
レーシックはメスを眼球に入れる施術ではなく、誰もが考える失明の危険性は全く無いのです。
レーシックに怖い先入観を抱いてしまっている人も多く、目にメスを入れたり、レーザーを当てることがその原因でしょう。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現出来るのです。

 

様々な臨床試験も世界各国でレーシックは行われており、確実性などは確立しているのです。
世界中で行われている施術で、安全性だけではなく確実性も認められています。



(お役立ちメニュー)神奈川の美容外科を利用してレーシックブログ:17-09-21

ぼくには元々、
マメに連絡をするという習慣がありませんでした。

それは、
「便りのないのは良い便り」とばかりに、
何もない時には連絡をすることがなかった
実家の習慣からきているのかもしれませんし、
ぼく自身の不精な性格からきているのかもしれません。

ぼくは
用件がないのに
連絡をするということをしてこなかったのです。

それはぼくにとって長年慣れ親しんだ習慣であり、
それが当たり前で、
そのことに疑問を持つという発想すら
持ち合わせていませんでした。

それに対して、
嫁はマメに連絡をするタイプです。

ぼくにも実家の家族にも友達にも、
マメに連絡してコミュニケーションを図っています。

だから、嫁の携帯は、よく鳴るんです。

すごいなぁって思うんです。
そして、うらやましいなぁって思うんです。

ぼくの携帯はほとんど鳴らないから、
たまに電話でもかかってこようものなら、
着信音にビックリし、あわてて電話に出ようとして
誤って電話を切ってしまうくらいですから…

そんなぼくですが、マメな嫁に感化され、
少しずつではありますが、伝えなければならない用件がなくても
連絡をするようになってきました。

といっても、
なかなか長年のクセが抜けず、
「たまに」程度なんですけどね…

一週間ほど前、珍しく友達に連絡をすることがありました。

用事があったわけではないのですが、
「元気にしてるのかな〜?」と気になったので、
その友達に「元気にしてる?」というメールを送ったのです。

すると、友達から
「元気にしてるよ」「メールもらってうれしい」という返信がありました。

気が向いて勝手にメールしただけなのに、喜んでもらえて
ぼくはとってもうれしかったですね。