(お役立ちメニュー)美容皮フ科でレーザー治療

非常に高いエネルギーへとレーザー光線をレンズを使い、一点に集中させることによって変化します。
今ではほとんどの美容クリニックでレーザー治療を導入しており、ごく一般的な美容術として知られています。
一般的な光というのは、当然のことですが遠くに進むにつれて広がる性質があり、次第にエネルギーが減少します。
美容術で使用するレーザーは効果的な治療を施すために光が一点に集中することになります。

 

しみをごっそりと取り除くことが出来るとは皮膚をレーザーを使用して焼き切ってあげるだけでは確実ではありません。
その他のお肌を痛めてしまうことはなく、治療をしたお肌の部分にだけに効果を発揮します。





ハンディターミナルナビ
URL:http://www.alf-net.co.jp/product/handy/
ハンディターミナル


(お役立ちメニュー)美容皮フ科でレーザー治療ブログ:17-02-16

昨日は久々にぐっすりねれました。

体脂肪を落としたいと思って
必死にダイエットをしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

ダイエットと間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らすダイエットにとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らすダイエットはできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

チーズケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
大福などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもチーズケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
食事を食べてから3時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後3時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分を肉体の中にためやすくなっているからです。

さらに、腹が減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしてもダイエットの邪魔にはならないんです!

明日はいい日かな〜